体験談

  • HOME
  • 体験談
  • 施術案内
  • 女性の健康
  • 治療院紹介
  • 産前・産後のケア
  • お知らせ
  • ひまわりチャンネル

江東区 Kさん

ひまわり治療院の皆様へ

みなさん、こんにちは。
私は、45歳と4ヶ月で、無事元気な女の子を出産いたしましたのでご報告いたします。

治療院の家庭的な雰囲気の中、いつも温かい気持ちで過ごさせていただきました。
担当してくださっていた先生が心から応援して下さって、妊活はもちろん、先生とのコミュニケーションがとても楽しかったです。
私は妊活で一番大切なのは、前向きな気持ちと、楽しく過ごすことだと思っています。
ひまわり治療院は「私の前向きな妊活のための心強い伴走者」でした。

私は、顕微授精で、44歳でできた胚盤胞で、45歳で出産しました。
院長に「よもぎ蒸しで上手くいった方がいる」とうかがい、自宅てもよもぎ蒸しをしてできた胚盤胞で出産に至りました。温めることはやはり有効だと思います。

他に、私が気をつけていたことがあるとすると、
@あまり自分に向き合い過ぎないこと(ホルモン値も気にしないようにしていましたし、記録もとってないので、何回採卵したか、何回移植したかも、あやふやなほどです。治療方針も判断もクリニックにお任せしていました。)

A辛いとか大変だったとか思わないこと。(治療が長くなるにつれて、嫌な事も辛い事もどんどん積み重なっていくので、それを思い出しても嫌な気持ちになるだけなので。。。
「結婚してなかったら妊活も出来なかったかもなぁ」とか、「今大きい病気をしてるわけではないから治療できる」とか前向きにとらえてました。
少なくとも自分の夢や希望があってそこへ努力するチャンスがあることは、それだけでも幸せなことなのだと思います。)

私は晩婚で39歳で結婚し、すぐに自然妊娠したのですが、出産まで至らず。。
その後も何度か妊娠はしていますが出産には至らず。
それが44歳の卵で出産できたので、歳をとってからの方が上手くいくこともあると思います。
これから治療を始める方も、すでに治療をされてる方も、こんな例もあるということを知っていただけたらと思います。
私自身も、40代前半で出産した人は身近にたくさんいたのですが、なかなか40半ば以降で出産した人は身近にいなくて。
ひまわり治療院には院長をはじめ超高齢出産をした患者さんがたくさんいらっしゃって、その方々のお話を聞くことで、「私もまだ頑張っていいのかなぁ」と勇気をもらったので、私の出産もどなたかのお役に立てればと、この度私も体験談を書かせていただきました。
最後に、先生方、スタッフの皆様には本当にお世話になりました。
これからも、ひまわり治療院からたくさんの赤ちゃんが誕生することをお祈りしております。
本当にありがとうございました。

一覧へ戻る

pagetop
スマ-トフォンサイトを表示する