体験談

  • HOME
  • 体験談
  • 施術案内
  • 女性の健康
  • 治療院紹介
  • 産前・産後のケア
  • お知らせ
  • ひまわりチャンネル

杉並区在住 33歳

2015年3月11日、2878gの元気な男の子を無事出産しました。
不妊治療を始めて3年、体外受精3回目にしてやっと我が子をこの胸に抱くことができました。命の奇跡に感謝しながら日々子育てに励んでいます。
もともと生理痛がひどく、不妊治療を始めて子宮腺筋症と分かりました。医師からは。腺筋症は妊娠しずらい、妊娠しても流産しやすい、けれども妊娠が症状改善の一番の近道と言われ、どうしたらよいのか本当に悩んでいました。おまけに私の身体は、低AMH、黄体機能不全と不妊原因のオンパレード、さらに仕事も夜勤があったりと不規則な生活リズムで、このような状態では授かることは難しいと思っていました。とにかくこの子宮環境では赤ちゃんは授からないと思い、色々調べるうちに鍼治療に興味を持ち始めました。すると貴院のホームページで院長の小玉先生が、私と同じ子宮腺筋症を克服して出産していることを知り、ぜひ先生のお話を伺いたいと思い、通院することにしました。
治療では子宮をとにかく温めることを教えてくださいました。生理痛がひどい日に通った時、赤外線治療器でお腹と背中を温めたり、お灸をしていただきた後、帰る頃には身体がすーっと軽くなり痛みもずいぶん和らいだのを実感しました。家でも毎日赤外線治療器でお腹を温めていました。また食事についても沢山のアドバイスをいただき、移植前に食べるとよいものなど教えて頂いたことをできる限り実践しました。
治療中、院長先生やスタッフの皆様にいろいろな悩みを聞いていただき、通院することがリフレッシュにもつながっていました。
妊娠判定後は、初期からお腹が張りやすく、切迫早流産の診断を受けて出産まで自宅で安静生活を送っていましたが、院先生に「とにかく子宮を温めて!」と助言をいただき、これまで以上に子宮を温めるよう心がけました。
妊娠後期からは出産2日前まで安産鍼灸を受けに通院を続けました。
院長先生やスタッフの皆様は、不妊治療に関する豊富なアドバイスだけでなく、妊娠中の色々なアドバイスや産後の事まで多くの知識をお持ちで、本当に脱帽しました。
ありがとうございました。

院長から一言

お仕事で夜勤になったりで、お体の疲れもありましたし、私と同じ筋腫もあったりでご年齢は若いですが簡単な妊娠ではありませんでした。
でも、無事出産になりよかったですネ!

一覧へ戻る

pagetop
スマ-トフォンサイトを表示する